女性でも薄毛で悩む人が急増中!

頭皮ケアとコンディショナーの関係について

コンディショナーとは?

コンディショナーとはなんでしょう?

女性,抜け毛
リンス、コンディショナー、トリートメントなど、種類が多すぎて、どのように使えば良いのか分からなくなることがありますよね。 まず、リンスとコンディショナーはほぼ同じものだとお考えください。 リンスは一番最初に、シャンプー後の髪のコンディションを整えることを目的に作られたものですが、 昔は石鹸系のシャンプーが主体だったために、それに合わせたリンスが作られていたものの、 現代では石鹸系のシャンプーはほとんどなく、それに伴ってリンスの成分や機能性もすっかり変わってしまいました。 今ではコンディショナーとほぼ同じ成分で販売されていることが多いです。 髪の毛の表面をコーティングし、切れ毛や枝毛を補修するだけでなく、 手触り良く、スタイリングしやすく整えてくれるものです。

機能が違うのはトリートメント。トリートメントには、シリコンの働きによって、コンディショナーと同じ効果がある他に、 髪の毛の内部にタンパク質などの栄養分を補給することができる製品です。 コンディショナーに比べ、髪の毛をスタイリングする機能は少し劣るものの、しっとりやサラサラなどの質感の違いくらいは 違いが出せるようです。 こうして役割や機能性について聞くと、トリートメントが一番髪に良いような気もしてきますが、それがそうでもありません。

モデルさんたちが使用しているのは…?

ヘアモデルさんは、美しい髪を作ることが基本なので

おそらくトリートメントの方をよく使用していると思いますが、ファッションモデルさんたちの場合は、 服装に合わせて髪型を何度もセットしなおす必要がありますよね。 そういう場合には、トリートメントよりも、コンディショナーの方がスタイリングしやすく重宝されています。 確かに髪の毛に栄養を与えることも大事ですが、私たちが普段髪の毛に求めているのは、 スタイリングしやすく、ゆうことを聞いてくれる髪だと思います。 だからこそ、トリートメントよりも、コンディショナーが有効的に使える機会が多いのでは?と思うのです。

よくトリートメントは週末のケアに…などと聞きますが、普段はコンディショナーを使って、 特別なケアをしたいときにだけトリートメントを使用するという方法も、決して間違いではないということです。 コンディショナーとトリートメントの違いが理解できていないと、使い分けも出来ないと思いますが、 この記事を読めば、きっとあなたも上手に使い分けが出来るようになると思います。 用途や状況に合わせて、是非コンディショナーとトリートメントを上手に使ってくださいね!